がん体験談 卵巣がんの初期症状

卵巣がんの初期症状

どんなに規則正しい生活を送っていても、どんなに健康管理に気を配っていても病気になることがあります。 どの病気でもいえることですが、病気が発覚するまでに体は私たちに様々な合図を送ってくれているのです。

 

それなのにほとんどの人は、ただ疲れているだけとか忙しいからとかという理由で、体からの合図を見過ごしてしまうのです。

 

 

前兆【ひまわりの場合】

 

なんとなく体調の異変を感じ始めたのは、
ハッキリ「癌」だとわかる1年前のことでした。

 

 

 

身長162cm、体重46kgだったのが、
ある日、体重を計ってみると53kgになっていました。

 

あら、中年太りかしら・・・

 

そんなふうに思っていました。

 

もともとヤセ気味だったので、
少々増えても標準体重だったので、
体重が増えたことはそんなに気にはなりませんでした。

 

 

 

それから半年。。。
なんとなく目覚めが悪い。
朝、起きるのが辛いのです。
休日にしっかり睡眠を取っても疲れが取れない。
一日中、身体がだるいのです。そんな状態が続きました。

 

 

 

ちょうど、その頃は仕事も忙しく、
子供も小さくて手がかかっていたので、
身体がだるいのはちょっと疲れが溜まっているせいかな・・・
と軽く考えていました。

 

 

 

そして体重も徐々に増え始めました。
実は、腹水がどんどんたまっていたのでした。

 

しかし、このときの私は、
体重の増加にしても、中年太りかな?
くらいにしか思っていなかったのです。

 

少しずつ体は私に合図を送ってくれていたのに、
健康に自信があった私は、
自分が病気だとはこれっぽっちも思っていませんでした。

 

 

 

それから数ヶ月後・・・

 

なんだか、おかしい(もしかしたら病気かも?)と
ハッキリ意識し始めたのは、
買ったばかりのズボンが、たった2日で入らなくなったことがきっかけでした。

 

きちんと試着して購入したにもかかわらず、たった2日で、太って入らなくなったのです。

 

 

 

そしてこの頃から急激な体重の増加、体型の変化が現れ始めました。
その変化とは、たった2週間で体重が6kg、ウエストが10cmも増えたことです。

 

 

 

もともとスリムだった体型は、妊娠中のまるで臨月のようなお腹になりました。

 

 

 

近所の人たちには

 

  「オメデタ?」

 

  「出産予定日はいつなの?」

 

と聞かれましたので、本当に妊婦に見える体型だったのです。

 

 

 

夫も私の体型の変化に「なんとなく、おかしい・・・」とは感じていたものの、どこも痛がらない私を見ていて、やはり中年太りだと思っていたようです。

 

 

 

私自身もなにかヘン!とは思っていましたが、こんな状況になってもまさか自分がガンだとは気付かず、急激に太りだしたことが気になり、

 

もやしダイエット
骨盤ダイエット
食事のカロリー計算
腹筋
などを始めたのでした。

 

 

 

しかし、それでも痩せません。
当たり前ですよね。ガンで腹水がどんどん溜まっていたのですから・・・

 

 

 

それから数ヵ月後・・・

 

ある日を境に、胃が痞えて(つかえて)食事を取るのが苦しくなってきたのです。
(あとでわかったことですが、腹水で胃が圧迫されていたらしいです。)

 

なにかへん!

 

確かに異常を感じるのに、どのように行動していいのかわからないのです。

 

どうしよう?どうしたらいいのだろう?

 

言いようのない不安で心が押しつぶされそうになりました。

 

「検査:近くの医院へ」に続く

 

 

 

今なら、すぐに病院へ行けばいい!ってわかるのですが、当時は身体の異常を感じても不安に襲われて次の行動がとれなかったのです。

 

 

 

保険の加入は、健康なうちに!私のように病気になってからでは自由に選ぶことができません!

 

 

あなたには、私のような症状はありませんか?
もし、似たような症状があれば、すぐに検査を受けてくださいね。

 

がんは、早期に発見すれば治る病気ですから。

 

エコー検査

 

 

『健康だから』と油断しないで!

 

女性は30歳くらいから「がん年齢」と言われており、3人に1人はガンで亡くなっています。
癌は、誰にも可能性がある身近な病気です。

 

特に私のように子供が小さいときにガンになってしまったら、自分自身が精神的に不安定になるだけでなく、子供たちも精神的にとても不安定になりました。

 

そして私が入院することで、経済的な負担に加え、夫は子供たちの世話・家事、仕事と息つく間もなく必死にがんばってくれました。

 

一度ガンにかかってしまったら、治癒するまでに約100万円かかると言われています。
(実際、私も入院治療費だけで100万円近くかかりました。)

 

その上、先進医療を受けることになれば、一度の技術料が300万円するものもあるのです。

 

退院後には、お薬代、定期的な検査(検査代はすごくかかりました)、体力回復のための健康食品代など、退院してもいろいろ出費がかさみました。

 

ガン保険に加入していたことで、給付金を受け取ることができて、費用面では大きなマイナスにはなりませんでしたが、ガンの治療は精神的にも相当なものがありますので、その時にお金の心配はできるだけ避けたいと実体験から痛感しました。

 

ガン保険は万が一ガンになった時に、その経済的な負担を少しでも軽くし、不安要素を取り除いてくれるものになります。

 

ぜひ、健康なうちにガン保険の加入を検討しましょう!
あなたには、私のような失敗はしてほしくありません。

 

 

保険選びは初めが肝心です!!

初期症状関連ページ

検査:近くの医院へ
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
検査:大病院へ
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
入院
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
静脈性尿路造影(IP)検査
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
CTとMRI
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
手術前の説明
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
手術前日の準備1
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
卵巣がん手術当日の朝
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
経過観察
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
購入したもの
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
がん友達
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
5年生存率
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
基礎体温が低い人は、
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
がん研究 −Yahoo!ニュース−
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
少額短期保険
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
争議費用が心配
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
つぶやき&近況など
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
疲れやすいし足が浮腫む悩み
ガンの手術をしてから疲れやすかったり、足が浮腫んだり、お腹がぽっこり・・・と体調が悪い日があります。でも原因は骨盤のゆがみだったみたいで…。