がん予防12か条について

国立がんセンターの『がん予防12か条』

ん予防のためには、生活習慣の改善によりがんの発生を防ぐ『第一次予防』と、がんの早期発見・早期治療の『第二次予防』があります。

 

国立がんセンターは『がん予防12か条』を示しておりますので、紹介します。

 

がん予防12か条

  1. バランスのとれた栄養をとる
  2. 毎日、変化のある食生活を
  3. 食べすぎをさけ、脂肪はひかえめに
  4. お酒はほどほどに
  5. たばこは吸わないように
  6. 食べものから適量のビタミンと繊維質のものを多くとる
  7. 塩辛いものは少なめに、あまり熱いものはさましてから
  8. 焦げた部分はさける
  9. かびの生えたものに注意
  10. 日光に当たりすぎない
  11. 適度にスポーツする
  12. 体を清潔に保つ

国立がんセンター制定

 

 

がん予防12か条で思うこと

国立がんセンターが提唱している『がん予防12か条』について、私の個人的な思いを述べてみたいと思います。

 

  1. バランスのとれた栄養をとる

    主婦ですので、毎日、家族の食事にはとても気を使っているつもりです。
    だけど、夫は健康ですが、私は病気になってしまいました。

     

  2. 毎日、変化のある食生活を

    食事のメニューが偏らないように、病気になる前から気を配っていました。
    バランスよく、そしてなるべく野菜をたくさん食べるようなメニューを心がけています。

     

  3. 食べすぎをさけ、脂肪はひかえめに

    いつも腹八分目を心がけていますし、元々小食だったので、食べすぎはありません。
    脂っこいものは苦手ですので、脂肪は控えめなほうでしょう。

     

  4. お酒はほどほどに

    お酒は飲めません。たまに夫とビールを飲みますが、350ml缶1本を二人で分けても残ります。

     

  5. たばこは吸わないように

    たばこは吸いませんし、吸ったこともありません。
    配偶者は一日一箱吸っています。

     

  6. 食べものから適量のビタミンと繊維質のものを多くとる

    ビタミンの摂取は不足気味かもしれません。果物は好きですが、なかなか買ってきて食べることはありません。
    繊維質は足りていると思います。

     

  7. 塩辛いものは少なめに、あまり熱いものはさましてから

    塩辛いものは苦手なので、少なめなほうでしょう。
    熱いものも苦手です。冷めてから口にするほうなので、これもクリアです。

     

  8. 焦げた部分はさける

    焦げた部分を食べることはほとんどありません。

     

  9. かびの生えたものに注意

    これも、多分ないと思います。

     

  10. 日光に当たりすぎない

    最近はこういうこともありませんが、学生時代は真っ黒になるくらい毎年日焼けをしていました。

     

  11. 適度にスポーツする

    スポーツは好きですが、仕事や家事で精一杯。はっきり言って、運動不足です。

     

  12. 体を清潔に保つ

    毎日、お風呂に入っていますし、下着も清潔なものをつけています。
    清潔ですよ!

 

 

『がん予防○○』とか『がんになりやすい人はこういうタイプ』などというものを目にしたとき、いつも思うことがあります。

 

私は何が原因でがんになったのだろう?と。

 

私はインスタント食品などはほとんど口にしないし、規則正しい生活をしているほうであると思う。お酒は飲まない(飲めない)し、たばこも吸わない。

 

それに比べて夫はインスタント食品が大好きで、日常よく口にしている。
生活も不規則で、夜中や明け方までテレビやビデオを見ている。
お酒は飲まないが、たばこは吸っている。

 

これだけで比較すると夫のほうが病気になる要素が多い気がする。

 

だけど、がんで入院した時、病室には私のような生活習慣の人が多かったので、『私たちは何故がんになったのか』と自分たちだけで話をすることがあった。

 

一概には言えないだろうが、私を含めほとんどの人が、大らかというよりは神経質なタイプであるといえる。

 

夫は細かいことは気にしない大らか(というよりはルーズ)なタイプである。

 

このへんの性格が問題なのではないかというのは病院で入院中の私たちの意見であった。

 

これは私たちの意見であって、医者など専門的な人たちの見解ではないので了解しておいて頂きたいと思います。

 

 

 

がんの初期にはほとんど自覚症状がないのをご存知でしたか?

  • なんとなく体がだるい
  • 胃がつかえて食事がのどを通らない
  • 便が出にくい
  • 短期間に急激太った または 短期間に急激に痩せた

などの体の変化があれば、何かの病気のサインかもしれません。

 

そして、身体には「沈黙の臓器」と呼ばれる部位があるのをご存知ですか?
肝臓や卵巣は痛みを感じることなく病気が進行することで有名です。痛みを感じた時にはかなり病気が進行しています。

 

痛みを感じてからでは遅い。でも病院に行くのは・・・というあなた。
そんなあなたのために、自分で自宅で簡単に郵送でできる検査 があります。 これなら、わざわざ病院へ行くこともなく短時間で検査できるので、とても便利です。
病院で検査を受けてないあなた、1年に1度は検診を受けてください。
痛みを感じてからでは遅いのですよ。あなたの体はあなたが守らなくては!

 

自宅で自分で検査ができますよ! 基本のがん(5種類)検査セット

 

 

 

 

 

*** 私のように『がん』になってからでは遅いんです。 ***

 

元気なうちに検討しましょう!