がん保険 加入する前に

診断給付金は絶対もらえるわけじゃない!

がん診断給付金は、『がん』だと診断されればすぐに受け取れるものだと思っていましたが、保険会社によって対応が様々なようです。

 

 

 

『がんと診断されただけで給付される』保険会社もあれば、『がんの治療を始めることが条件』になっている保険会社や、、『がんで入院することが条件』だという保険会社もあります。

 

各保険会社によって条件が違いますので、しっかり確認しましょう。

 

 

免責期間(めんせききかん)

がん保険は申し込み手続きを終了していても、すぐに保障が開始されるわけではありません。この待ち期間を免責期間といい、この期間は給付金は支払われません。

 

 

 

がんと診断された時点で、一時金である診断給付金が受け取れる場合もありますが、がん保険にはがんと診断されてから保険に加入するのを防ぐため、がん保険の補償が開始されるまでに3ヶ月(通常90日)の保障されない期間が設けられています。

 

これを免責期間といい、病気を隠して加入した場合は、給付金がもらえないだけでなく、告知義務違反として契約が解除がされます。

 

申込みが成立していても、90日間の免責期間があり、その間にがんを発病した場合その契約は無効となります。

 

 

この免責期間または契約開始前に診断されたがんは、保険適用外となりますので注意が必要です。

 

 

過去にがんになった人

当たり前の話ですが、過去に『がん』になったことのある人は基本的にがん保険には加入できません。

 

 

 

しかし、現在、アフラック(アメリカンファミリー生命保険)とセコム損害保険から、がんになった人でも加入できる保険商品が発売されています。

 

 

 

しかし、過去のがんの最終治療日から一定期間経過していることが条件であったり、保険料が高かったりという問題もあります。

 

 

 

がん経験者の私としては、がんになった人でも加入できるがん保険があることは、とても心強いですが、毎月支払う保険料が高額というのは経済的にしんどいですね。

 

 

 

やはり、がん保険は健康なときに加入すべき保険だといえそうです。

 

 

『がん保険』ここに注目!関連ページ

がん保険の前に
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
『がん保険』とは
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
『がん保険』の必要性
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
がん保険・医療保険が必要ではない人
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
がん保険選びは初めが肝心!
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
『がん保険』の基礎知識
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
資料請求、その前に
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
がんになっても入れる保険
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!
がんになっても入れる保険、その実際のところは?
がん経験者だけが知っている正しい「がん保険選び」のコツを、あなただけにこっそり教えちゃいます。きちんと選ぶことで、もらえる給付金に「ウン百万円」もの差が!