乳がん検診に行ってみた

乳がん検診に行ってきました

乳ガン検診に行ってきました。

 

乳がん検診

 

過去に『がん』を経験しているのに、
乳ガン検診は、今回が2回目なのです。

 

 

40歳を超えて市役所から
健康診断の手帳が届きました。

 

 

その手帳には、
女性は40歳を超えたら、
2年に1度は乳ガン検診を
そして毎年1度の子宮がん検診を受けましょう!

と書かれてありました。

 

 

みなさんは乳ガン検診と子宮がん検診を受けていますか?

 

 

毎年きちんと乳ガン検診・子宮がん検診を受けている方は、
あまりいらっしゃらないのではないでしょうか?

 

 

だって・・・

 

 

癌を経験した私でさえ、
乳ガン検診を受けたのは、
今回でまだ、2回目なのですから。
(子宮がん検診は半年に一度うけています!)

 

 

1度目は、長男を出産して半年後に、
不正出血があったので、
気になって婦人科を受診しました。

 

 

その時に、
乳ガン検診と子宮がん検診を
初めて体験しました。

 

 

自分の体と命を守るためには
必要なことだとわかっているのですが、
必要性よりも、恥ずかしさのほうが勝って、

 

自分は健康だから、癌になるわけないし必要ないわ!

 

と勝手な思い込みで、
自分だけは大丈夫だと思い込もうとしていました。
(当時は、本当に自分は癌にならないと思っていました。)

 

 

みなさんが乳ガン検診・子宮がん検診を受けない理由は何ですか?

 

 

私が10年間も乳ガン検診を受けなかった理由は、
恥ずかしいからでした。

 

相手は医師です。
それは、わかっています。

 

乳がん検診

 

でも、知らない男の人に、
視診(見られて)、触診(触れられる)というのは、
精神的にとても抵抗があります。

 

 

きっとみなさんも、そうなのではないですか?

 

 

それとも、ただ面倒くさいだけですか?

 

 

ここらで、一度覚悟をきめて、
思い切って、乳ガン検診・子宮がん検診を受けてみませんか?

 

 

私のオススメは、
あなたがお住まいの市区町村での検診です。

 

 

市区町村から補助があるので、
検診の費用も安く済みます。

 

 

でも、忙しくて行けない人は、
子宮頸がん早期発見セット(下記画像・上)や、
女性のがん検査セット(下記画像・下)がオススメです。
(包装の仕方はどちらもスタンダードパッケージとローコストパッケージが用意されています。)