がん保険と医療保険の違いとは

がん保険と医療保険って、どう違うの?

がん保険と医療保険の違いが何だか、あなたは知っていますか?

 

がん保険は、保障の対象を『がん』のみに絞った保険のことですが、医療保険は『がん』だけでなく『がん以外』の病気やケガでの入院や手術で給付金がもらえる保険のことです。
わかりやすく図にすると、下記のような感じですね。

 

がん保険と医療保険の違い

 

それなら、がん保険に加入しなくても、医療保険で十分じゃないの?
って、思いませんか?

 

実は、がんの治療は長期に渡るものが多いため、医療保険ではまかないきれない部分があるのです。

 

自分が将来、がんになるか?

 

などとそんなこと誰にもわかりませんが、親兄弟や親せきなどでガンになった人が居て不安を感じている人や、定期検査を受けることがないなど自分の健康管理を怠っている人は、がん保険に加入しておいた方が安心です。

 

しかし、定期的に検査を受けている人であれば、もしガンであっても早期発見できますので、医療保険でも十分だと思います。

 

それでは、次のコーナーでは『がんにも手厚い保障の医療保険』をご紹介します。