用語集

あ行

悪性新生物(あくせいしんせいぶつ)
 悪性新生物とは、がんのことです。
 腫瘍には良性のものと悪性のものがありますが、悪性のものをがんといいます。

 

 

一時払い(いちじばらい)
 一時払いとは保険契約をする際、全保険期間に渡って必要な保険料の全額を、一括して払い込む方法のこと。一括で支払うのでかなり割引があります。

 

 

医療保険(いりょうほけん)
 病気やケガで入院したり、所定の手術を受けたときに給付が受けられる保険のことです。

 

 

受取人(うけとりにん)
 保険契約者から保険金の受け取りを指定された人のことです。保険金や給付金などを受け取る人のこと。

か行

解約(かいやく)
 解約とは、契約している保険の契約を解消することです。
 解約によって契約は消滅し、それ以降の保障は無くなります。 保険の解約は契約者の意思で自由に出来ますが、書類の提出など手続きが必要となります。
 解約後は解約返戻金を受け取れるものもありますが、既に払い込んだ保険料の総額よりも少なくなります。

 

 

解約返戻金(かいやくへんれいきん)
 解約返戻金とは、保険を解約した際に、受け取ることの出来るお金のことです。
 受け取れる金額は、保険の種類や契約時の年齢、保険期間、経過年数などによって異なりますが、払い込んだ保険料の総額より少なくなります。
契約後、短期間で解約した場合には、解約返戻金はまったく無いか、あったとしても、ごくわずかです。
 また、解約返戻金を設定していない保険もあります。
がん保険(がんほけん)
がん保険とは、保障の内容をがんのみに絞った保険のことです。

 

 

告知義務(こくちぎむ)
 保険に加入する際には、契約時に現在の健康状態や過去の病歴(病名・治療期間)などを保険会社に報告する義務があります。これを告知義務といいます。

 

 

告知義務違反(こくちぎむいはん)
 保険加入の際に、故意または重大な過失によって虚偽の告知をして保険に加入することを告知義務違反といいます。この場合、保険会社は一方的に契約を解除することができます。

さ行

在宅療養給付金(ざいたくりょうようきゅうふきん)
  在宅療養給付金とは、退院後に自宅で療養するために支払われる給付金です。

 

 

差額ベッド代(さがくべっどだい)
差額ベッド代とは、治療上の必要性がなく、患者本人が通常の4〜6人泊まれる大部屋以外の特別療養環境室を希望する場合に発生する費用です 。差額ベッド代は1日あたり平均3,000円〜5,000円ですが、一流ホテル並みの高額な病室もあります。

 

 

 

実費負担(じっぴふたん)
 実際にかかった治療費を全額支払ってくれるものです。つまり自己負担0円です。
 実費補償(じっぴほしょう)ともいいます。

 

死亡保険金(しぼうほけんきん)
 がん保険の場合、『がん(悪性新生物)』により亡くなられた場合に支払われます

 

 

手術給付金(しゅじゅつきゅうふきん)
 がんで手術した場合に支払われる給付金のことです。
上皮内新生物 (じょうひないしんせいぶつ)
 上皮内心生物とは、いわゆる初期ガンのことで、腫瘍細胞が上皮(粘膜の上部の層)内に留まり、それ以上体内に入ってきていない状態をいいます。 (上皮内ガン、上皮内腫瘍ともいわれます。 )
 上皮内には血管やリンパ管が通っていないので、転移の恐れがなく、切除すれば再発の可能性はほとんどないとされています。
 がん保険では、上皮内新生物の場合、保険金が給付されなかったり、給付されてもその額が悪性新生物に比べてかなり低いことが多いので、保険契約の際には注意が必要です。

た行

通院給付金(つういんきゅうふきん)
 がん入院給付金が支払われる入院をし、退院後、がん治療のために通院された場合に給付されます。

 

 

 

月払い(つきばらい)
 保険料を毎月払い込む方法のことです。月払いより、半年払いや年払など、まとめて払い込む方法のほうが保険料の負担は軽減されます。

な行

入院給付金(にゅういんきゅうふきん)
 がんで入院した際に受け取れる給付金のこと。

 

 

年払い(ねんばらい)
 保険料を毎年一回まとめて払い込む方法のこと。半年払いや月払いより保険料の負担は軽減される。

は行

保険金(ほけんきん)
 ある一定条件を満たしたときに保険会社から受取人に支払われるお金のこと。

ま行

満期(まんき)
 満期とは定められた保険期間の満了時のことをいいます。

や行

約款 (やっかん)
 生命保険会社があらかじめ定めた保険の契約内容を掲載したものです。
 すべてに目を通すことはたいへんですが、小さな字で書かれた内容ほど、あなたにとって重要なことが書かれてある場合が多いので、必ず読みましょう。

ら行

リビング・ニーズ特約(りびんぐ・にーずとくやく)
 原因にかかわらず被保険者が医師の診断によって余命6ヵ月以内と判断されたとき、生存中に死亡保険金の一部もしくは全部の前払い請求ができる特約のことです。特約の保険料負担は必要ありません。